目が悪くなる理由にはゲームがある?

なんとなくゲームは、目に悪いというイメージがあるものの、
なぜ目が悪くなる理由と言えるのか知らない、という方は
少なくないようです。

では、ゲームが目が悪くなる理由とされているのは、
なぜでしょうか?
どのようなメカニズムで、視力に悪影響があるのでしょうか?

また、どのようにゲームを使うと、目への悪影響を
減らすことができるのでしょうか?

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

子供がなかなかゲームをやめてくれない!
大人であっても、ゲームにすっかりハマってしまった!という方は
ぜひ参考にしてみてください。

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

◎ゲームが目に与える影響

○ゲーム=視力低下ではない

ゲームがそのものが目に悪いと思っている方もいますが、
実はゲームを少ししたからといって、
すぐに目が悪くなる理由にはなりません。

ゲームそのものが悪いというよりは、
ゲームをすることによって起こる事柄が
目が悪くなる理由とされています。

・目と画面が近い

まず、ゲームをする時に姿勢が悪くなりがちです。

そうなると、画面が目に近づき、
目のピントを調整している機能を保つ筋肉が疲れます。

目と、ものの距離が近づきすぎることは、
目が悪くなる理由と言われています。

毛様体筋と言われる筋肉は、目のピント調整機能を持っている
水晶体についた筋肉です。

ゲームを長時間しすぎると、近くのものをじっと見続けるため、
この筋肉が凝って、視力の低下に繋がるんです。

・ブルーライト

ブルーライトは、目を疲れさせる種類の光です。

特に、暗いところでゲームをすると、瞳孔が開いたり
閉じたりするため、ブルーライトの刺激が多く、
目の組織に届きやすくなります。

網膜まで届くとされているブルーライトは目を疲れさせ、
目が悪くなる理由となります。

特に、スマートフォンなどを使ってゲームをする時には、
明るさの調整にも注意が必要です。

◎ゲームをするときの目のケア

目が悪くなる理由になるかもしれないから…と言って、
ゲームを全くしてはいけないというわけではありません。

ゲームによって、ストレス発散している方も多いですよね。

それで、ゲームをする時には1時間すれば、
10分休むというふうに、目を休める時間を作り、その時には
遠くの景色を見ることによって、凝り固まってしまった
目の周辺の筋肉をほぐすようにしましょう。

また、血流が悪くなっているように感じる場合には、
ホットアイマスクなどを利用したり、アイトレーニングも
積極的に行うと良いでしょう。